前へ
次へ

離婚裁判を経験したことについて

夫が若い女性と不倫をしたことがどうしても許すことができなかったので離婚を申し出たのですが、別れたくな

more

離婚裁判に至るまでに

大抵の離婚協議というのは、離婚裁判まで行くことはめったにありません。それまでの過程においておおよそ合

more

離婚裁判の対応を弁護士に頼むデメリットとは

離婚裁判での対応を弁護士に頼むと、費用がかかりそれがデメリットです。裁判対応を頼むとなると、通常、着

more

離婚裁判はどんなものであるのか

離婚裁判の基本となることは最終的な決断が下されるということです。そして大事なことはいきなり離婚裁判をするということが許されていないということです。つまりは、その前に話し合いが行われるということになりますし、調停へ、ということにもなります。その上で出来ないのであれば裁判へ、ということになります。裁判をするというのはそんなに軽いものではないわけです。そしていくら裁判であるからと言って弁護士などを雇わなければならないというわけではないです。自分でやるということもできたりします。離婚裁判は、色々なことを決めるということになりますが簡単に言いますと離婚できるかどうかということもそうなのですが離婚する際の条件というようなことも決められます。それは慰謝料の額であったりしますし、親権であったりします。これで実際に決められるということになるわけですがそれを遵守されるかどうかというのは実はかなり微妙ではあったります。慰謝料もそうですが、養育費などは払われないウエイトの方が多いといわれているくらいですから、ここで決められた事に強制力はかなりしっかりとあるのですがその強制を裁判所が担保してくれているというわけではありませんので注意しておきましょう。費用に関しては負けたほうが支払うということにはなりますが、それが弁護士費用に関することであるのかと言うとそれもまた違うこともありますので注意が必要です。離婚裁判というのは両方から提訴されるということではなく、基本的には片方から行われるということになりますが大抵の場合はそもそも離婚を求めるために行われることですから、それはよいのですが提訴できないタイプの人もいます。それは非があるほうです。これは非があるほうから訴えることができないようになっています。こうした制度になっていますから、これはしっかりと覚えておきましょう。それが離婚の裁判であり、原則になっています。

浜松市 理容店
市内の複数の店舗でお客様の希望に合うカットを行い、お客様の魅力を引き出します。

ソフト闇金 24時間

あなたの欲しい車両がきっと見つかる

食品CRO

機能性表示食品 臨床試験

Page Top